注文住宅のインテリアで迷ったら…好みを活かしたセンスのいい家にするヒント!

注文住宅は選択の幅が広すぎて迷ってしまうことも…

注文住宅では家を建てるにあたり、依頼主の意見や好みを十分に反映させることができます。住宅に関する法律や安全などに触れない限り、外観や間取りも自由に決めることができますから、理想の家の実現するためには注文住宅を選択することが最適だと言えるでしょう。しかし、注文住宅を建てる際にはあまりにも自由度が高すぎて、依頼主がその選択に困ってしまうことがあります。特にインテリアについては自分たちの好みを反映させたいという思いと、センスのいい家にしたいという思いが入り混じって迷ってしまう人も多いようです。

好みを十分に活かすにはプロに相談するのが一番!

では、自分たちの好みを反映しつつセンスのいい家にするにはどうすればいいのでしょうか。1番良いのは専門の知識を持った人にアドバイスをお願いすることです。自分たちの好みを知ってもらい、その好みを反映するにはどういう方法があるかということを提案してもらいましょう。住宅建設を依頼する住宅メーカーや建設会社には設計士やインテリアコーディネーターなどの専門家が在籍していますから、自分たちの好む方法のアドバイスや助言をしてもらうことができますよ。

言葉よりも視覚による方法で好みを伝えましょう

設計者やインテリアコーディネーターはセンスのあるインテリアを作りあげるプロですが、そこに依頼者の好みを反映させるにはやはり依頼主側の協力が不可欠です。では、あなたはどのようにしてインテリアの希望や好みを伝えればいいのでしょうか。最もわかりやすい方法は写真などの見えるもので説明をするということです。好みというのは言葉で伝えてもなかなか伝わりません。それに比べて写真なら一目瞭然ですから、希望のインテリアの参考になりそうな写真や雑誌などの切り抜きを用意して、こちらの好みを理解してもらいましょう。そうすれば、設計者やインテリアコーディネーターがその好みに合った壁紙や家具などを探してきて提案してくれます。予算もあわせて伝えておけばその予算内での提案も可能ですから、自分たちで探すよりずっと楽にスピーディーに好みのインテリアを作り上げることができますよ。

家を建てるとなると、家族構成にもよりますが間取りは気になります。注文住宅とはそんな間取りの心配や家族の望みに叶うように建築士が設計する住宅建築の方法です。