紹介された賃貸契約物件にサブリースが紛れていたら注意しましょう

サブリース物件は又貸し契約という事実を知っておこう

不動産屋を訪れた時にサブリース物件を案内に含めて良いか聞かれたら、迷わずNOと言う人が多いです。サブリース物件は、不動産屋が貸主とした直接契約となるので、苦情や問題点は全て不動産屋に言えば良いことからクレームを言うことが得意な人に向いています。しかし、大家から不動産屋へ一括で賃貸されている部屋を、又貸し契約で借りている転貸契約という点を良く理解した上で契約を結ばなければ思わぬ落とし穴に嵌ってしまうことがあるので要注意です。転貸契約に納得した上で借りることが重要となります。

利用規約が厳しい分だけ入居者は安定します

サブリース契約では、不動産屋の眼鏡に適った人のみが賃貸契約を結ぶことが出来ます。利用規約が細かく定められているのは、転貸契約のために大規模な修理は大家の判断が必要となり面倒なこととなりやすいからです。素行不良な入居者を制限するために利用規約が細かく定められています。借り上げ社宅に住んでいる感覚に納得出来るならば、キレイにリフォームされたサブリース物件は狙い目となるでしょう。細かい利用規約を読んで理解することが苦手であれば、サブリース物件は避けるべきです。

仲介手数料はサブリース契約では存在しません

よくある勘違いとして、サブリース物件は不動産屋が貸主となった又貸し契約ですから、紹介されたとしても仲介者が存在しません。仲介手数料自体が存在しない契約であるにも関わらず、仲介手数料無料を特典として明示している不動産屋を見つけてしまったら、契約は避けることが望ましいです。法律に詳しくない賃借人に対して丁寧に説明する義務があるにも関わらず、本来存在しない仲介手数料を取っていたら既に違法です。法律違反に巻き込まれないようにサブリース物件には仲介者が存在しないことを覚えておきましょう。

森の賃貸で温泉三昧を楽しむには濁川地区です。濁川盆地には7つの温泉が点在しており、おのおの泉質が違うため温泉のはしごが出来ます。