その土地を使おう!土地があるならマンション経営

土地活用ならマンション経営

相続などを機会にしてふと土地を手に入れることができる場合があります。その際に考慮したいのが土地活用を速やかに始めることです。土地を手に入れることができたらそれを放置してしまうと固定資産税を支払うことになります。無駄にしてしまわないために積極的に活用するのが賢明です。マンション経営は土地活用の中でもメリットの大きいものであるため、ある程度の面積がある土地を手に入れられたときにはマンションを建てることを考えてみましょう。

マンション経営で老後に備える

マンション経営をすることのメリットは比較的安定した家賃収入を継続的に手に入れられることです。入居者がいる限りはその数に比例した家賃収入が毎月手に入ります。老後になっても定年があるわけではなく、年金に加えて収入を手に入れられるというのがメリットです。マンションを建てることでローンを組む必要が生じ、当面はあまり大きな収入にはならないかもしれません。しかし、ローンは完済してしまえば生活を裕福にするための収入となるでしょう。

一工夫で住宅ローンを利用可能

ローンを完済することがマンション経営による土地活用をする上で重要な点です。ローンの審査の通りやすさや金利の良さ、税金の控除などを考えると利用したくなるのが住宅ローンですが、住宅ローンは基本的には自分が住むときにしか利用できません。しかし、一工夫をするだけで住宅ローンを利用することができます。建てるマンションの中に自分の部屋を作ってしまえば良いのです。こういった工夫をすることでローンも有利に利用してマンションを建てられるでしょう。

土地がある人は、それを利用して、マンションを建設して貸し出し、マンション経営を行い、老後資金の捕獲に運用することも1つの選択肢です。